Responsive image
エンターテイメント

大友花恋ちゃんが8月13日スタートのドラマ『妖怪人間ベラ〜Episode0(ゼロ)〜』に出演。

9月11日(金)から劇場公開される『妖怪人間ベラ』。50年の時を経て、現代に女子高生として現れたベラの物語。8月13日(木)からスタートする連続ドラマ『妖怪人間ベラ〜Episode0〜』は、なぜ、ベラは復活したのか、女子高生ベラの誕生の秘密が解き明かされるよ。そして、大友花恋ちゃんがベラに関わる女子高生・大野詩織役を演じる。その意気込みと見どころを語ってくれたよ。

2020.08.13

「個性的な《人間》たちから、目が離せない。中毒性がある物語です!」

「個性的な《人間》たちから、目が離せない。中毒性がある物語です!」

★『妖怪人間ベラ〜Episode0〜』に出演が決まったときは?「初めてお話を聞いたときは、「ベラがメイン?しかも、女子高生?!」と、全く新しい妖怪人間に驚きました! 台本を読んでみて、妖怪の強さと優しさに、たくさんの方に愛されてきた伝統と、今後愛され続けるための革新が詰まっていたので、これは責任重大だと背筋が伸びる思いでした! 私の演じる大野詩織は、勉強、お金、愛のなかで大きく揺れ動く個性的な同級生、そしてベラという不思議な存在に囲まれながらも、詩織は一貫して普通の女子高生です。私は、それが詩織の一番の魅力なのかなと思います。次々に巻き起こる不可解な出来事に向き合う詩織を、ドラマを見ているみんなの代表だと思って見ていただきたいです!」  ★この作品のどんなところにひかれた?「やっぱり、ベラが女子高生として学校に通っているという驚きの設定。そしてベラ目線ではないがゆえに、ベラが何を考えているかわからない不気味さに魅了されました!ベラ以外にも、個性豊かな《人間》達だらけ。こんな風になりたくない、こんな思いはしたくないとゾクゾクしながらも目が離せないイヤミスのようなストーリーも、中毒性があってクセになります」

公式チャンネル