Responsive image
ダイエット

くびれをつくるマッサージ

美ボディに欠かせないのが、クビレ。女子中高生のあるあるお悩み"ぽこんと出た下腹"を解決して、憧れのクビレを手に入れるマッサージを紹介するね!

2016.11.15

【セルライト除去編】

皮下脂肪を刺激して、下腹部にたまったセルライトを解消。ろっ骨、そけい部の筋肉を刺激することで、脂肪細胞を流していくよ。

①両手をグーにして押し流す

①両手をグーにして押し流す

手をグーの形にして、ろっ骨(あばら骨ともいう)の下のくぼみ部分にグッと押しつける。手に力を入れたまま、恥骨に向かって押し流していくよ。

②そけい部全体を押す

②そけい部全体を押す

ひざを立て、親指をそけい部(ふともものつけ根にある溝の内側)に当てて、Vライン全体を、押すようにマッサージ。痛みを感じた部分は重点的に。

③おなかの皮下脂肪をもみ出す

③おなかの皮下脂肪をもみ出す

おへその下全体にある皮下脂肪を、指先でギュッともむようにつかむ。おなかから肉を引きはがすことをイメージしながら、しっかりつまもう。

【デトックス編】

下腹をほぐすことで、おなかの筋肉のこりを解消できるよ。すると便通がうながされ、老廃物が流れて、デトックス効果が得られちゃう。

①おなかをタテにつまむ

①おなかをタテにつまむ

前かがみになった状態で、ろっ骨の下にあるおなか中心部の肉を、両手でグッとつかむ。そのままわき腹にかけて、3回に分けてつかんでいく。

②おへその両サイドをつまみ→ひねる

②おへその両サイドをつまみ→ひねる

おへその両サイドを両手でグッとつかみ、力を入れたままひねる。さらに位置を移動し、わき腹側も同様につかんでひねっていこう。

③おへその上下の肉をつかみ→しぼる

③おへその上下の肉をつかみ→しぼる

おへその上下の位置にあるお肉(ろっ骨の下と、下腹部)を、両手で同時につかむ。力を入れたまま、雑巾をしぼるようなイメージでひねって終了。

※生理中は、体調にあわせて無理をしないようにね!

参考にした本/『押す・つかむ・流す! ミオドレ式 お腹やせダイエット』(著者:小野晴康)¥1000/池田書店

撮影/三山エリ スタイリスト/北川沙耶香 ヘア&メイク/NOBU(roraima) モデル/佐々木莉佳子(STモデル) 構成/中西彩乃 (Seventeen12月号)

公式チャンネル