ファッション

スタイリストこんさまの “おしゃれさんこんにちは♡” vol.4

セブンティーンの人気スタイリスト・近藤久美子さん、通称“こんさま”が、ティーンのリアルなおしゃれの悩みを解決するコーナーの第4回! こんさまは、モデルのキャラに合わせて、絶対に似合うハヤリの取り入れ方を提案してくれるから、編集部からめちゃ頼りにされているんです。そんな“似合うおしゃれ”の達人が、今日も誰かを、“おしゃれさん”に変身させちゃいます♡

2016.11.22

ミスST八木莉可子ちゃんがおしゃれさんに変身!

今回は、ミスST2016の八木莉可子ちゃん(中3)をゲストにお迎えしました。左が私服、右がこんさまコーデだよ。「小さい頃からガーリーな格好をよくしていて、そのまま変わらず今もカジュアルガーリーなファッションが好き。だけど自分に似合う服がわからないので、おしゃれになって、似合う服がわかるようになりたい!」という、このコーナーにぴったりなお悩みを持っている莉可子ちゃんに、”似合う”おしゃれを提案&変身してもらっちゃいました!

before>>莉可子ちゃんの私服は、もしかしてキャラ迷子かも?!

用意してきた私服や、最近の私服写真をこんさまがチェック! 
こんさま「じゃあまず、今日着てきた服について!」
莉可子「もう、何を着るか、めっちゃ悩んだんです。これ(左)は、トップスは色と肩のフリフリがかわいいと思ってお気に入りで、ボトムは裾のレースアップがかわいいし、こういう中にオフショルを着てるのを雑誌で見てマネしたくて」
こんさま「かわいい、って直感で思ったものを選んで着てるんだね」
莉可子「そうですね。お買い物に行ったときも、このお店で買うって決めてなくて、通りかかってかわいいって思ったら入ることが多いです」
こんさま「莉可子ちゃんは、ファッションを、どうほめられたいって思ってる?」
莉可子「おしゃれに見られたいです。あと親近感を持ってもらいたいです。かわいい、よりもカッコイイとかキレイって言われるほうが嬉しいかなぁ」
こんさま「ふむふむ。私服を見せてもらって、莉可子ちゃんがふだん選んでいる“かわいい”ものよりも、もっと莉可子ちゃんをカッコよく見せてくれる服があるはず、って思ったよ」
莉可子「ほんまですか?!」
こんさま「うん。カーキもデニムも、モノトーンもボーダーも、フリルがついていたり、どこかかわいらしい少し甘いデザインのものを選んでるじゃない? カッコイイって言われたいなら、服のデザインは甘さ控えめにして、小物で甘さを加える方法がおすすめ」
莉可子「それ、知りたいです!」

after>>シンプルクールに甘さをひとさじ♡ な大人っぽコーデ

こんさまの解説>>「莉可子ちゃんから『MA-1を着てみたい』とリクエストがあったので、私服でも着ていたカーキで取り入れてみました。莉可子ちゃんは凛々しいお顔立ちだし、背も高いので、クール系はハマるはず! ただ、かわいらしいものやガーリーなものが好きということなので、アイテムはワンピースにして、ピンクのファーのバッグをプラスしてみました。中に着たボーダートップスは、プチハイネックで形はシンプル。こういう、甘さのないベーシックなデザインの服は、プラスするアイテム次第でどんなテイストも合いますよ☺」

リバーシブルMA-1¥9800/セシルマクビー 渋谷109店 キャミワンピ¥2490/BURLESQUE ボーダーハイネックトップス¥2800/a.g.plus ニット帽¥926/クレアーズ原宿駅前店 ファークラッチバッグ¥4900/ワンアフターアナザー ナイスクラップ フープイヤリング¥590/GU スニーカー¥2480/ショップにこにこ

こんさま×莉可子ちゃん“おしゃれさんこんにちは”舞台裏トーク

莉可子「この私のコーデ、どうですか?」
こんさま「アイテム1個1個はかわいいと思うよ。ただ、肩のフリルとサスペがちょっとケンカしちゃってるかな。莉可子ちゃんが言ってた通り、中をオフショルにしたら見え方が違ってくるかもね。あとは色使いがちょっと気になるかも」
莉可子「色ですか?」
こんさま「うん、そのカーキのトップスには、もう少し濃い色のデニムのほうが合うんじゃないかな?ほら、このワイドパンツとか」
莉可子「おぉ~」
こんさま「さらに、ピタッとしたトップスには、ボトムにゆるいシルエットをもってくると着こなしがカンタンだよ。逆に、そのピタッとしたスキニーにはゆるめのスエットとかニットを合わせるのもオススメ」
莉可子「ゆる、ピタなんですね」

こんさま「今回莉可子ちゃんには、甘さをおさえたコーデを着てもらったけど、どうだったかな?…最初に、カッコイイって思われたいって言ってたけど、どんなカッコよさが理想なの?」
莉可子「愛美さんとかあやみさんみたいに、って言っても写真で見てそう思っただけなんやけど、ファッションと表情とポーズがぴったり合ってるのがカッコイイって思うんです。バランスがとれてるっていうか」
こんさま「なるほどね。それならやっぱり、自分のキャラに合った服を着ることが大切かもね」
莉可子「はい、それができるようになりたいです」
こんさま「似合うものがわからないときは、服で甘め、クールめ、ってイメージがつきすぎないものを選ぶといいよ。こういうシンプルなボーダーとか。そこに、小物で甘さやクールさをプラスしてみてね」

こんさま「キャミワンピースでーす」
莉可子「私実はよくワンピースも着るんです。1枚でばさっと着ることが多いんですけど。こういうキャミワンピースは初挑戦です」
こんさま「実は、STに載っていたワンピースの私服をチェックさせてもらったんだ。ひざ上の、ミニ丈ウエストマークのワンピースだったよね?」
莉可子「そうです!」
こんさま「もしかしたら、莉可子ちゃんの手持ちのワンピースは、丈が身長に対して少し短いかも。ウエストできゅっとなってるデザインは、たしかに脚長効果もあるけど、腰の位置が合っていないと、脚を出しすぎに見えることがあるよ」
莉可子「そっかぁ。このキャミワンピースは少し長めですよね」
こんさま「そうそう。しかも、ストラップの長さを調節もできるんだよ」
莉可子「へぇー! こういう長さ、着たことがないから新鮮です。かわいい!」

おしゃれさんに変身した莉可子ちゃんの感想は?

「STモデルになって、セブンティーンの撮影に来るようになって、撮影で着せてもらうお洋服が、ふだんの自分の趣味とちがってて、アレ?こういうのが似合うんかなぁ?って思い始めてたところだったんです。だからちょうど今日色々聞けたし、挑戦できたのでよかったです。次のお買い物では、フリフリしてないワンピースを買いたいと思いました!」

スタイリスト/近藤久美子 撮影/加藤ゆき ヘア&メイク/KITA(Nord)

公式チャンネル