Responsive image
ファッション

おうち時間に♡ファッション誌が舞台のドラマや映画4選

部活や休みになったり遊びの予定がなくなったりして、おうち時間が増えそうな今日この頃。ファッション誌が舞台になった映画やドラマを観て、ワクワクしたりコーデのおべんきょーなんてどう?

2021.01.10

地味な仕事が出版を支える!『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』

地味な仕事が出版を支える!『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』

河野悦子は、ファッション誌編集者を目指して出版社に入社。なのに、配属されたのは校閲部。でも、地味な仕事にも大好きなド派手ファッションを着て一生懸命向き合う! そんな悦子の前に大学生作家の幸人が現れ……♡

©NTV

JKも観てる!

「菅田くん演じる幸人が最高すぎる! 落ち込む悦子をサポートする姿や、さりげなく話す言葉に萌えまくってる♡ お仕事のあまりの細かさにふるえつつ、尊敬しちゃう」(玲子・高3)「ファッション誌編集部で働く夢はやぶれたのに、そんなキラキラ編集部の力になってあげたり、めげずに自分の仕事に取り組む悦子。かっこいいし、元気をもらえる!」(ひなた・高1)

悪魔な編集長の名言もいっぱい!『プラダを着た悪魔』

悪魔な編集長の名言もいっぱい!『プラダを着た悪魔』

カタブツでおしゃれとは無縁のアンドレア(アン・ハサウェイ)は、ファッション誌編集部で、働くことになる。そこで"悪魔"なカリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)にふり回されることに。奮闘するアンドレアを応援!

©2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

JKもST編集者も観てる!

「厳しいファッション誌の世界になじもうと自分を磨いたり、必死にくらいついて勉強するアン・ハサウェイちゃんがかわいいし、その姿にじわじわ泣けてくるの」(ナルミ・高3)「ダサくて自分に自信がなかった主人公が、おしゃれや自分を表現することの楽しさを知ることで、どんどんキレイになっていく。その姿に勇気をもらえます!」(編集部T)

編集部を舞台に女同士の戦いが!『ファースト・クラス』

編集部を舞台に女同士の戦いが!『ファースト・クラス』

'14年にフジテレビ系で放送され話題になったドラマ。『FIRST CLASS』の編集部で働きはじめたちなみ(沢尻エリカ)が、嫌がらせやマウンティングに合いながら奮闘する!

©2014フジテレビ/FCC

ST編集者も観てる!

「ドロドロのマウント合戦にハマりました。これがファッション誌編集部の世界だと思っていたら、入社後違うとわかりました(笑)」(編集部A)

ばーちーがプリティすぎる!『プリティが多すぎる』

ばーちーがプリティすぎる!『プリティが多すぎる』

出版社でエース編集者として働く新見佳孝(千葉雄大)は、突然ファッション誌『ピピン』への異動を命じられる。かわいい至上主義の世界に放り込まれた彼の運命は⁉

©NTV

JKも観てる!

「雑誌の世界って、キラキラだけじゃなく、読者の「かわいい」のために、一生懸命なんだなーってことがわかったよ」(GIN・高2)

ファッション誌編集部の裏も表もまるっと見えちゃうドラマや映画。観てみてね!

構成/上野涼子 ※紹介する作品のデータは、2020年10月13日現在のものになります。

公式チャンネル