Responsive image
エンターテイメント

「カッコいいのをつくったのは誰?」ギャツビー新イメージキャラクターに佐藤健さんが、めちゃカッコいい!

佐藤健さんが、男性向けコスメブランド「ギャツビー」ブランドイメージキャラクターになったよ。その、WEB限定ブランドムービーが、めちゃカッコいいと評判。見ているだけでキュンキュンしちゃうその内容は?

2021.02.15

『るろうに剣心』の撮影スタッフとワイヤーアクション!

『るろうに剣心』の撮影スタッフとワイヤーアクション!

佐藤健さんを起用した、ギャツビーのブランドムービーは、今までの時代ごとに登場してきたカッコいいと言われた、たくさんのオシャレな人たち、とんがっていた人たちのイメージを紹介していき、最後に佐藤健さんが登場して「カッコいいをつくったのは誰?」と問いかけるというムービー。もう、佐藤健さんのカッコよさにやられちゃう。その撮影に参加した佐藤さんの感想は?「ギャツビーのCMは10代の頃からかなり印象に残っていて大好きだったので、大変嬉うれしかったですね。この仕事を始めてからも、どんなCMをやりたいのかと聞かれた時“ギャツビーのCMをやりたいです”と答えていたぐらいだったので、本当に念願が叶ったというか。とても光栄に思います。ワイヤーで吊っているシーンは全員、映画『るろうに剣心』の時から一緒にやっているアクション部のスタッフだったので、一瞬「るろうに剣心の撮影をしているのかな?」と思いました(笑)。ワイヤーアクションは上げるタイミングとか、チームワークが大事なので、そういう意味ではいい仲間と一緒にできて良かったです。全力で走るシーンは、普段からそんなに動いているわけではないので、久々にあんなに走って、ちょっと太ももが筋肉痛です(笑)」

佐藤さんにとって「カッコいい」とは?

佐藤さんにとって「カッコいい」とは?

「今回のテーマの「誰かが変わろうとする力」とか、「変わっていくことがカッコいい」ということは、世の中の流れや流行りに乗っかっていくよりも、“自分で時代を作っていく奴が一番カッコいいよね”ということだと思います。そういう人たちはどういう人たちなのかなと考えた時、やっぱり、自分のスタイルを確立しているというか。周りがどうこうではなくて、自分がこれをカッコいいと思うから、こう生きていくんだ、自分がなりたい自分になれるように生きていくのがカッコいいんだ、という人たちなのだと思いますし、自分自身もそうありたいと思います」これからの佐藤健さんのカッコいいCMも期待!

ギャツビーブランドサイト https://www.gatsby.jp/  動画URL: https://youtu.be/_HOb02RwhuY/

◇佐藤 健(さとう たける) 1989年3月21日生まれ、埼玉県出身。2007年、ドラマ『仮面ライダー電王』(テレビ朝日)で初主演を飾る。以後、映画『るろうに剣心』シリーズやドラマ『天皇の料理番』、『恋はつづくよどこまでも』など、数々の話題作に出演。待機作に、映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』(2021年4月23日/6月4日公開予定)、映画『護られなかった者たちへ』(2021年秋公開予定)などがある。

構成/落合佑桂里

公式チャンネル