ダイエット

食事系ダイエットで、コスパ1位の「よくかむダイエット」について

Seventeen1月号では、代表的な食事系と運動・生活系のダイエットを、2週間読者のコに試してもらって、コスパのいいダイエットをリサーチしたよ! その中で、食事部門で安い値段で一番効果がでたのが、「よくかむダイエット」。そんなコスパ1位のダイエットについて、改めてクローズアップしてみるね!

2016.12.26

【やり方】

食事をするときに、よくかむことを意識。目安は、1口につき30回以上。よくかんでゆっくり食べることで"ヒスタミン"という脳内物質が出て、"おなかがいっぱい"と感じる満腹中枢を刺激。結果、食べる量が少なくなるよ。あご筋を使うことによる小顔効果も期待できちゃうんだって♪

2週間で-2.1kg達成! かかったお金¥0ってことで、コスパも最高!!

【Before→After】

「よくかむダイエット」を2週間試してくれたのは、五木田乃亜ちゃん(高2)。「1口30回かむと、1回の食事に想像以上に時間がかかって、今まで食べてた量の3分の2くらいでおなかがいっぱいに。満腹感があるから自然と間食もしなくなって、体重がどんどん減っていくのがうれしかったー♪」と、本人も大満足の結果だったよ!

【乃亜ちゃんの食事レポ】

1日目昼→厚切りサンドイッチ

「かむ回数を増やしたくて、お昼は厚切り食パンのサンドイッチに。これだけの量をよくかんでいると、さすがにあごが疲れてくる~!」

3日目夜→シチューにごはんをin

「ただのシチューだとほとんどかむ必要がないから、ごはんを入れてかむ回数UP」

5日目朝→パン&サラダ

「朝のパンは、ハムをのせてトーストして、少しかみごたえをだしました。あと、サラダも食感のちがうチーズを入れることで、あきずにかめたかな」

10日目昼→コンビニおにぎり+サラダ

「コンビニでお昼ごはんを買うときも、よくかめるか考えて、サラダにおにぎりをプラス」

「10日目で、効果を実感! 下が実践前。上が実践10日目。パッと見でわかるくらいおなかがへこんできたよ!」

13日目昼→かみごたえのある野菜+炊き込みごはん

「ブロッコリーとかプチトマトとか、かための野菜はよくかめておすすめ! あとごはんも炊き込みとかおこわにすると、白米よりしっかりかめる」

乃亜ちゃんは、かみごたえのあるものや、食感の変化をつけることを工夫して、たのしく2週間を乗り越えてくれたそう。好きなものをガマンしたり、減量はいっさいしないで-2.1kgはスゴイよね。ちょうど、お正月のお節料理なんて、「よくかむダイエット」にぴったり! このチャンスにはじめてみては♪

撮影/宮本暁子 亀田亮 岩城裕哉 イラスト/イナコ 構成/杉浦麻子 【Seventeen1月号)

公式チャンネル