エンターテイメント

飯島寛騎さんと奥野壮さんが6月19日より配信のHulu オリジナル『悪魔とラブソング』に出演するよ♪

桃森ミヨシさんの人気少女コミック『悪魔とラブソング』がHuluオリジナルドラマとして6月から配信されるよ。これは、ストレートな言葉で本音を言ってしまうために、周りから「悪魔」と呼ばれている主人公・マリアと、マリアをめぐる仲間のお話。このドラマで可愛マリア役の浅川梨奈ちゃんとともにW主演を務める目黒伸役の飯島寛騎さんと、目黒の友達の神田優介役の奥野壮さんが、ドラマの見どころを教えてくれるよ!

2021.06.17

飯島「第一印象は、すごい大人だなと思ったよ」 奥野「飯島さんは、みんなに愛されています」

6月19日(土)からHuluオリジナル『悪魔とラブソング』が全8話で一挙独占配信スタート。このドラマに出演する目黒伸役の飯島寛騎さんと神田優介役の奥野壮さん。目黒伸はピアノにコンプレックスを持つ、一見クールな巻き込まれ男子、神田優介は目黒の親友で、誰にでも優しいクラスのムードメーカー。プライベートでも仲良しの飯島寛騎さんと奥野壮さんが、Seventeen独占で、ドラマのウラを語ってくれた。



★初めて会ったときのお互いの印象は?

飯島「僕が21歳で奥野くんが17歳くらいの時に会ったんだけど、“年下のコと、なんでこんなに話が合うんだろう”って思ったんだよね。自分でやりたいことをしっかり持っていて、高校生なのに考え方が大人ですごいなという印象だった」 

奥野「本当に?(笑)僕は先輩の中で一番話しやすいのが飯島さんでした」

飯島「うれしいです(笑)。話のテンションが合うので疲れないのかも、誕生日も5日違いで近いし」

奥野「そうだった。自然に気が合う感じですよね。同じ事務所だから、ちょこちょこお仕事をご一緒していましたけど、こんなにお芝居を一緒にやるのは『悪魔とラブソング』が初めてくらいで、楽しかったです」

撮影現場は本当に楽しかった

飯島「一緒にやるのは、僕も楽しかった。彼の引き出しにどんなものが入ってるんだろう……とか。そして、僕からも発信して、彼をビビらせなきゃっていう(笑)自分との闘いみたいなものもあったかな。目黒と神田は親友の役で、ずっと一緒にいたから、“こうしようか”という話もしたね」 

奥野「それ以外は、本当に、他愛のない話で内容がない(笑)」 

飯島「そういえば、クラスのみんなから‶飯島さんって最初が話しかけづらい。怖い”って言われてたんだよね」 

奥野「最初は、そうかも。でも、すぐにみんながヒロキ”とか“ひーくん”と呼んでいた」

飯島「なんか、少しいじられるというか(笑)」

奥野「みんなに愛されていたんですよ」 

飯島「そうかな。そんな風にアットホームな空間で撮影ができたのはよかったよね」

奥野「マリア役の浅川さんが、ムードメーカーになって、物語のようにだんだんとみんなの心をつかんだからこその雰囲気だったのかなと思います」

奥野「飯島さんのピアノ、すごいです」 飯島「奥野くんの、切ない表情にグッときます」

★一緒に撮影してお互いにすごいなと思ったことを教えてください。 

奥野「やっぱり、飯島さんのピアノですね。クラスの合唱のシーンで、飯島さんのピアノに合わせて練習したとき、あまりのうまさに、みんなざわつきましたもん。あんなに短期間で弾けるなんて、本当にすごい!」 

飯島「最初は吹替の話もあったんだけど、やっぱり、僕が弾いた方が、みんなの気持ちも乗せやすいんじゃないかなと思って、必死に覚えて頑張りました!」

奥野「本当にすごかったです」

飯島「でも、クラシックの表現は知らない世界観だったから、練習も楽しくてしかたなかったんだ。僕は奥野くんの切ない表情にグッときたよ。神田はずっと笑顔のキャラクターなんだけど、その笑顔の目の奥に、ちょっと寂しい、哀愁が見えるシーンがあって、すごくいいなって思ったよ」

奥野「神田は誰とでも仲がいい役だったので、いつもより、ギアをあげて意識的にコミュニケーションは取ってました。ふだんは、神田みたいにキラキラと自分から光を発するタイプじゃないので(笑)。学生時代に神田みたいな雰囲気だったら、違う青春だったかも(笑)」

胸キュンシーンもドキドキするけど、高校生のいろいろな悩みと成長の部分にも注目

★このドラマの見どころは? 

飯島「もちろん、胸キュンの部分もあるけど、人の優しさとか、進学することの思い、好きなコのこと、プライドが高くて葛藤するとか、そういう高校生のいろんな悩みをリアルに描いているのがいいと思います」

奥野「マリアがズバッとまっすぐに言ったことに反発するとか、その言葉が引っかかるとか、そういう部分も、自分に重ね合わせて、共感してもらえると思います」 

飯島「でもみんな、優しいんだよね。目黒は最初のころは、人と関わりたくない感じで、言葉少ないけど、言葉じゃなくて、行動で優しさがわかる。そのさりげない行動が“いいかも”って思ってもらえるかな」

奥野「神田はいつも笑顔で、家族のこととか、自分の弱い部分は人に見せない。友達に相談すればいいのかもしれないけど、あえて内に秘めて抱え込むカッコよさが、僕は神田のいいところかなと思う」

飯島「出てくる人たちの成長の物語で、けっこう自分に突き付けられるいいセリフがあります。また映像も照明もすごく素敵で、その世界観がきれい。そこも見どころの一つです。まさにSeventeen読者にみなさんに、ぴったりのドラマです!」

奥野「そして、後半には胸キュンも出てきます(笑)。そこも楽しみにしてください」

【あらすじ】 県でトップクラスのカトリック系高校・カトリア女子学院をとある事情で退学になった美少女・可愛マリア(浅川梨奈)。彼女は共学校十塚南高校に転校するが、まっすぐ過ぎる性格がゆえ、思ったままを言葉にし、周囲の反感をかい孤立してしまう。そして、マリアの“悪魔のような”核心をついた言動が、平和に見えた同級生たちの日常を揺さぶり始める。誰にも理解されない中で、唯一歌うことだけで自分を元気づけたり、感情を表したりしてきたマリア。しかし、クラスメイトの目黒伸(飯島寛騎)や神田優介(奥野壮)たちと関わるうち、少しずつ周囲との関係やマリア自身にも変化が訪れ…。



Hulu オリジナル「悪魔とラブソング」

配信情報:2021 年 6 月19日(土)から Hulu で一挙独占配信開始[全8話]  

©HJ ホールディングス  

●公式サイト:https://www.hulu.jp/static /akulove/

●公式 Twitter:@akuloveHulu

●公式 Instgram:lovestories_hulu 

●公式 TikTok:lovestories_hulu

プロフィール 

写真右●飯島寛騎(いいじまひろき)・1996年8月16日生まれ、北海道出身。B型。2015年「第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリ 受賞 2016年『仮面ライダーエグゼイド』で主演デビュー。ドラマ『歴史迷宮からの脱出〜リアル脱出ゲーム×テレビ東京〜』W主演映画「ツナガレラジオ~僕らの雨降りDays~」映画「ブレイブ-群青戦記-」現在『警視庁・捜査一課長 Season5』にレギュラー出演。映画『未来へのかたち』公開中。

写真左●奥野壮(おくのそう)・2000年8月21日生まれ。大阪府出身。A型。2017年11月「第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」フォトジェニック賞・明色美顔ボーイ賞W受賞。2018年『仮面ライダージオウ』にて主演デビュー。その後、ドラマ『柳生一族の陰謀』『ピーナッツバターサンドウィッチ』などに出演。6月26日スタートの『超速パラヒーロー ガンディーン』(NHK総合)主演。2021年主演映画「灰色の壁~歯車~」公開予定。

カメラマン/露木聡子  スタイリスト/中西ナオ[飯島さん]  三宅 剛[奥野さん]  ヘア&メイク/佐藤友勝[飯島さん]  牧野裕大(vierge)[奥野さん]  構成/落合佑桂里

[飯島さん]シャツ¥29000(WRAPINKNOT)・シューズ¥21000(YOAK)/ともにHEMT PR ジャケット¥43000・パンツ¥24000(ウィザード)/ティーニー ランチ その他/スタイリスト私物 [奥野さん]ジャケット&パンツ(セットで)¥9900(WYM LIDNM)/Sian PR その他/スタイリスト私物    HEMT PR ℡03-6721-0882   ティーニー ランチ ℡03-6812-9341  Sian PR ℡03-6662-5525

ふたりの動画もどうぞ♡

公式チャンネル