エンターテイメント

大活躍中! こんどうようぢくんが新アルバムを引っさげて登場♡

音楽担当のネコ田と弟子の田吾作が毎週音楽ニュースを紹介するコーナー! 「自身でプロデュースするブランド『DING』も大人気! モデル、アーティストと活動の幅を広げている、こんどうようぢくんが登場ニャ。待望の1stアルバム『402』についてや、ファッションのこと、たっぷり聞いちゃったニャ~」(ネコ田)

2017.03.23

Q.このお仕事をするキッカケは?

高校のときに、友達を作りたくて始めたブログがキッカケですね。学校の外に友達を作りたくて。そこで、交友関係が広がって、読モになって自分のブランドを立ちあげたり、音楽活動をするようになってました。ファッションに興味が出たのは、読者のコと同世代の17歳のときなんです。久々に会った中学の同級生がオシャレになっていて。“いいじゃん”と思ってマネをしたのがキッカケでファッションにハマりました。音楽は、中学生のときからperfumeさんのMVを観てダンスを完コピしたり、歌やダンスが好きではあったんです。でもまさか自分が、音楽活動するとはまったく思ってなかった! 

Q.自分の性格と長所と短所は?

長所……まわりからはよく”空気みたいで落ち着く”とは言われますね。でもそれってホメ言葉なのかなぁ(笑)。長年仲がいいコにも、初対面の人にも言われるんです。たぶん、僕があまり人のことを詮索するタイプじゃないので、そう言われるのかも。短所は、めんどくさがりなところ(笑)。着る服も、前日の夜にちゃんと選んでおくのに憧れるんですけど……できない。朝、クローゼットをあけて、“着る服がなーい”ってなっちゃう(笑)。着たいのはあるんだけど、“シワが気になる……でもアイロンかけてる時間はない!”って。洗濯物もためちゃうタイプですね……。歯医者とかも途中で行くのやめちゃったり。毎回、歯型をとるところからのスタート(笑)。

Q.アルバム『402』について教えて!

‘15年に音楽活動をはじめてからの全ての曲が入っているので、この2年間の僕の全部がつまった1枚。ありきたりな言葉になっちゃいますが、「こんどうようぢの音楽」の名刺がわりになるようなアルバムです。音楽番組をキッカケにとんとん拍子で制作が進んだ1枚目『30th CENTURY BOY』は、今聴くと声が若いなって思います(笑)。どの曲も楽しく聴けると思うんですが、特に読者のコにオススメしたいのは『ぐるぐるんセカイ』かな。ライブでは、サビ部分でタオルを回して大盛り上がりする曲なんです。なので、カラオケとかでぜひ歌ってもらって、日頃のストレスを発散してもらえたら(笑)。

『402』こんどうようぢ <発売中・ALBUM>¥5000/avex trax

Q.収録曲『Party☆Party』ではM!LKとコラボしたんですよね?

僕が主催するイベントに出てもらったり、彼らのファンイベントに出演させていただいたりともともと交流はあって。”曲でコラボしたいね〜”って言ってたけど、こんなに早く実現するなんて! この曲は1年半くらい前から歌っていたので、その曲を彼らが歌ってくれている光景は不思議な感覚でしたね。みんな10代だから、とてつもなく若くて(笑)。にぎやかな彼らを、うらやましく楽しくながめてました。この前、M!LKのメンバーである板垣瑞生くんと2人でご飯に行って仕事やファッション、音楽の話までいろんな話をしたんですよ。瑞生くんは、”今日、行けます!”っていつも当日に連絡くれて(笑)。予定が合わないこともあったけど、行けてよかったです。僕が自分から誘わないタイプなので、瑞生くんから声かけてくれてうれしかった!

Q.モデルと音楽活動、それぞれの楽しいところは?

モデルは、いろんなジャンルのお洋服を着られるのがやっぱり楽しいです。新しい自分を見つけられるので。あとは、僕が好きなファッションをファンのコがマネしてくれるのもうれしい。音楽活動は、ファンの人とふれあえる機会が多いのが楽しいですね。開放型のリリースイベントをしたとき、僕のことを知らない通りがかりの人に、ファンのコが宣伝活動をしてくれたんですよ(笑)。そういうとき“僕のファンって最高!”って思います。気持ちや考え方を言葉にするのが苦手なんですが、歌ならそれが伝えられる気がして。これも音楽活動を大切にしたい理由の1つですね。

Q.今日のファッションポイントは?

今ハマっている赤がポイントです。トップスの赤い花や、ボトムの赤ラインなど。あと、何よりラクなんです(笑)。パンツは、プロデュースしている『DING』のものです。

Q.この春ほしいファッションアイテムは?

もう僕も大人なので、ハイブランドのバッグが欲しいです。1つも持っていないので。ついついラクなリュックが多くなりがちなので、トート型にチャレンジしたい。あと春といえばなんだろうな……自分でプロデュースしているブランド『DING』では今、秋冬のことをやっているので、”春ってもう終わったよね?”っていう感じで(苦笑)。

Q.ではどこよりも早い秋冬ファッション予想を!

今まではロング丈がハヤっていたけど、僕的にはショート丈がいいなって思ってます。トップスでいうと、女のコならちょっとお腹が見えたり、男のコならふとした瞬間にちょーっとだけパンツが見えちゃうかなってくらい。ちょいエロが秋冬は気になる!

Q.今後の音楽活動での目標は?

アルバムの中で、ピチカート・ファイヴさんの『東京は夜の七時』をカバーさせていただいたんです。僕自身、90年代の曲を聴くのが好きなので、今後もカバーには挑戦していきたい。“カバー曲を今のポップスで歌う=こんどうようぢ”のイメージになるとうれしいですね。若いコたちが名曲を知るキッカケになれるよう、がんばります!

PROFILE&INFORMATION

こんどうようぢ●’92年12月25日生まれ。大阪府出身。’15年に『ぐるぐるんセカイ』でメジャーデビュー。4/30(日)に『402』リリース&アーティスト2周年記念イベント『NON STOP 402』を開催。【HP】http://yohdiworld.jp/index.html

撮影/加藤ゆき 文/上村祐子

公式チャンネル