Responsive image
ダイエット

ヤバイ食べグセ★ワースト5

やせたいと思いながらも、なかなかやせられないコや、少しやせてもすぐ戻っちゃうコは、こんな食べグセがやせられない原因かも!? 当たり前のように長年やっていたクセだけに、意外な盲点になっていて、そこさえ気をつければダイエットがうまくいく可能性を秘めてるよ!

2017.05.16

①ながら食べが多い

スマホを見ながら、TVを見ながら……が当たり前になってない? こんな食べ方だと、食べてる実感や満足感を得にくくなってしまい、ダラダラ食べ過ぎたり、すぐにまた食べたくなったりしちゃうの。食事のときは、“食べること”に集中するようにしよう! 

②早食い

食事を始めてから満腹中枢にシゲキが伝わるまでに15分から20分かかるって言われているよ。だから、少なくともそのくらいは時間をかけて食べないと、脳が「もう満足! 食事をやめていいよ」っていう指令を送ってくれないんだって。だから早食いのコは、すでにかなりの量を食べてから、その指令が出ることに。結果、食べすぎちゃうってこと。さらに早食いのコは、消化に負担がかかってしまうため、酵素が消化にまわされて、代謝のほうにまわってこないんだって。だから、ダイエット効果も低くなっちゃうそう。早食いクセのあるコは、1口30回~50回かむようにしたり、食べものの粒感がなくなるまではかむなど、しっかり味わいながら食べるようにしてみて!

③ごほうびにお菓子

③ごほうびにお菓子

「今日はがんばったからお菓子食べちゃおう♪」とか、「部活ハードだったから糖分補給してあげなくちゃ♡」なんて、なにかと理由をつけてはお菓子を食べてない? ダイエット的には、これじゃやせられっこない! しかも、食べた後に後悔しちゃったりね。せっかくのごほうびが罪悪感で終わったら悲しい。がんばったときのごほうびは、“リラックスグッズ”や“美容グッズ”など、さらにモチベーションが上がるものや、“ちょっと高価だけどおいしい食事”がおすすめだよ! 

④好きなものから食べてる

“最初に好きなものから食べる派”と、“好きなものは最後に残す派”に分かれるよね! 好きなものから食べるコは、それがこってりしたものや炭水化物系のものなら要注意! 炭水化物や揚げ物の衣などは血糖値を急激に上昇させるため、脂肪がつきやすくなるの。さらに、急激に上がった血糖値は、今度は急激に下がるため、そのときに脳が「血糖値を上げるために食べなさい」っていう指令を出し、せっかく食事をしたのに、また食べてしまう結果に。モデルややせているコが、サラダから食べるっていうけど、これは理にかなってるよ。野菜から食べるようにすると、血糖値の上昇がゆるやかになって脂肪もつきづらい上、すぐにお腹もすきにくくなるんだって。

⑤濃い味つけが好き

⑤濃い味つけが好き

何にでもマヨネーズをかけたり、ポテトにたっぷりケチャップつけたり、おかずがあっても白米はニガテでふりかけをかけたり……こんな濃い目の味が好きなコは、塩分のとり過ぎでむくみやすくなってるはず! むくみは、太って見えるのはもちろん、疲れやすくなって、その結果代謝も落ちたりと、ダイエット的にもマイナス。徐々に調味料を減らしてみる努力をしてみよう!

5つの中に思い当たるものはあった? 長年、身についた食べグセだから、直すのは大変かもしれないけど、直さないと一生太ったままかもしれないから、ヤバイと思ったら気をつけてみよう!

参考にした本:『あなたらしくヤセる 太るクセをやめてみた』(著・本島彩帆理)¥1300/主婦の友社

公式チャンネル