エンターテイメント

花恋の心をゆらした本とは・・・?

時間たっぷりの夏休みこそ、ぜひ読んでほしい花恋オススメの本たち。スラスラと出る感想、さらには関連図書まで紹介してくれた花恋。“さすがかしこい代表!”って言ったら「かしこさがあるとしたら、それは小説がくれたもの!」だって♡

2018.08.26

花恋にとって”本”って…

表紙をひらいた瞬間、私がいるのは小説の世界。 読み終わるそのときまで、物語を旅する。 その世界の色も、登場人物の顔もすべて、私の自由。 それが、小説のすばらしいところ。 小説にニガテ意識があるコにも、運命の1冊はある。 集めた物語の中に、あなたの運命がありますように。

『円卓』

「好奇心おう盛な9歳の女のコが主人公。子ども扱いされることへのイライラとか、"あったな〜"って。ラストに向けて加速するエネルギーが圧巻」

西加奈子 ¥500/文藝春秋

『凍りのくじら』

「冷静で本好きな女のコのひと夏のSF体験。でも非現実的な話って感じではないの。最後に"ファンタジーだったんだ"って気づく」

辻村深月 ¥800/講談社

『贖罪』

「仲良し4人組と転校生の美少女。5人でいるときに美少女が殺されるけど、犯人の顔を覚えてない4人。彼女たちが背負わされる償いがえぐい

湊かなえ ¥619/双葉社

『R帝国』

「"もしもAIがこのまま進化を続けたら……"。そういう世界を描いた話で、リアル。人間と機械が起こす戦争がありえそうで怖いなって思った」

中村文則 ¥1600/中央公論新社

『いつもの朝に』

「上下巻を半日で読み終わったぐらい、引き込まれる。ある兄弟の弟が、自分はこの家の子じゃないかもと疑うところから始まるミステリー」

今邑彩 ¥630/集英社

みんなもお気に入りの本、見つけてね

ワンピ¥6990(PUNYUS)/WEGO パンツ¥5960(DHOLIC LADIES)・ベルト¥4470(DHOLIC LADIES+)/DHOLIC リング¥900/原宿シカゴ神宮前店  イヤリング¥1400/Grandedge渋谷109店 ヘアピン(2個セット)¥500/SPINNS 撮影協力/喫茶アンデス

撮影/MARCO スタイリスト/北川沙耶香 ヘア&メイク/白水真佑子 モデル/大友花恋(STモデル) 構成/上村祐子 (Seventeen9月号)

公式チャンネル