Responsive image
インフォ

映画『SUNNY』がもうすぐ公開! すずと桃子の現場ルポ&インタビュー①

かわいくて強くて、ノリも最高! そんな'90年代の女子高生を映画『SUNNY』で熱演した、すず&桃子。最強の友情に涙する映画の撮影現場について話してもらったよ☆ 本編同様、現場も超ハイテンション!

2018.08.28

かわいすぎ! ギャル制服にハイテンション

かわいすぎ! ギャル制服にハイテンション

大きめカーデとミニスカに合わせたルーズソックス。劇中で'90年代の女子高生カルチャーを生きる6人グループ・SUNNY。その中で、コギャルに衝撃を受ける転校生・奈美をすずが、ブランドものが好きで、ガングロのTHEコギャルな心を桃子が演じた。 すず「奈美はSUNNYのみんなと出会ってから、ギャル文化を吸収していく役。だから、コギャルの立ち居ふるまいをしっかり入れていく必要はなくて。でも田辺は、完全に'90年代からトリップしたコギャル!」 桃子「当時の女子高生のしゃべり方やしぐさを指導してくれるかたに"いたわ、こういう人"って言ってもらえた(笑)」 すず「つねにテンションも高くて、すごいなって思った」 桃子「ずっとやってないと慣れないから、つねにテンションは役に合わせてたかも。でも当時のファッションを着るとおのずとスイッチ入っちゃう」 すず「衣装合わせから楽しかったもん。バランスを見るために6人で合わせて」 桃子「みんなでキャーキャー言ってた(笑)」 すず「どんどん'90年代の洋服が出てくるから楽しすぎたね」 桃子「ハイビスカスとかアジアンフラワー柄とか、今着てもかわいいものがいっぱい」 すず「それこそ制服もそうじゃない? ルーズソックスかわいかったな。細く見えるし」 桃子「長くも見える! ルーズソックス、ただたるませてはくだけじゃダメなの。ローファーのかかとにひっかけて、くるぶしを隠すのがコギャル流」 すず「ミニスカートと合わせたときのバランスがかわいいから、今のJKもはくといいよ!」  

公式チャンネル