ライフスタイル

上野千鶴子先生のお悩み相談室 家族編

「心に響いた!」「勇気を持てそう」と読者のみんなから大反響!  女性学の先駆けとして活躍している上野千鶴子先生のお悩み相談室“家族編”。みんなのお悩みに上野先生が出した答えとは?

2019.08.18

お悩み◆家族はヤセているのに、私だけちょっとふっくら。「デブデブ」言われまくるのがダメージ大です

読者からの相談に上野先生がお答え!「ガツンと嫌味を返す、勇気を!」
上野先生 子どもの自尊心を一番ダメにするのは、じつは家族なんだよね。とくに親! この子はどうすればいいんだろうね。「そういうことを言われるとイヤな気持ちになる」って、きちんと伝えられたらいいんだけど。
花恋 笑って我慢してたら、ずっと続いちゃいますよね。
上野先生 そうなの。しれっと「お母さんが産んだんでしょ」とか、「ふたりのDNAだよ?」って、嫌みで返してみてはどうかな。
智美 友達同士では、こんなこと絶対に言わないですよね。でも家族なら何を言ってもいい、みたいな感覚があると思うんですけど。どうしてですか? 
上野先生 家族=所有物だと思ってるから。とくに親が、子どもに対して。あのね、妻にDVをする夫になぐる理由を聞くと、「妻なのに」じゃなくて、「妻だから」って言う。自分の一部だと思ってるから。日本は海外と比べてもとくに、こういう夫婦が多そうね。みんなの家族はどう? 
花恋 うちは、みんな仲良しです。
音海 うちもです。両親ともに、子どもの意見をすごく尊重してくれます。
上野先生 それはすばらしいね。すてきな家庭に生まれたことを、誇りに思ってね!

お悩み◆お父さんの機嫌によって家の雰囲気が変わるのがイヤだ。娘として私はどうしたらいいですか?

読者からの相談に上野先生がお答え!「一刻も早く家から出て!」 
上野先生 これぞ、日本の家父長制の典型。父親が家にいるとみんな緊張して、いないとくつろぐ。みんなの家はそうじゃないの? 
花恋 うちは、お母さんのほうが強いです(笑)。
上野先生 あははは。いいね! 私の家庭がまさにこういう感じで、父親が絶対的な権力者。おまけにかんしゃく持ちですぐキレる。この子と同じで、私もお母さんがかわいそうで。なぜ主婦はこんな思いをしなきゃいけないんだろう?って思って、研究を始めたの。
萌菜 なるほど……! 
上野先生 こういう家庭の子どもはみんな、「どうするべき?」って聞くんだけど。「一刻も早く逃げ出しなさい」って答えるの。
花恋 えっ。
上野先生 なぜならね、家庭がそうなってしまった原因は夫婦関係にある。そして夫婦の問題は当人同士でしか解決できないから。子どもが背負って生きたり、責任を感じる必要はまったくないの。子どもは親の幸福に責任がないから、イヤなところからは逃げ出したらいい。早く大人になりたいね。

撮影/加藤ゆき モデル/大友花恋(STモデル) 構成/中西彩乃 (Seventeen9月号)

公式チャンネル